拭き漆の木の急須

SK_049

拭き漆の木の急須  (SK_049)

拭き漆の木製急須です。

拭き漆とは、生漆を何度も木地に摺り込み、すり込む度に和紙で余分な漆を拭き取る塗り方のこと。
この手間のかかる作業によって、素朴で味わいがある美しい艶と透けた木目が生まれるのです。
縁の黒っぽいラインは麻の布を漆で張ったもので、アクセントにもなっています。

木製の急須は熱伝導率が低いのが特徴。
熱々のお湯を入れても、陶器のように蓋や取っ手、急須本体も熱くなりにくいです。
それでいて保温性に優れているので、お茶は温かいままをキープ。

陶器に比べて軽くて割れにくく、扱いやすいのもうれしいところ。
洗っている途中でうっかり滑らせて落としてしまっても、安心です。

サイズは大小2サイズございます。

茶葉が充分に広がるたっぷりしたサイズの、専用茶漉しも付いています。

 

 

サイズ     小…W160×D100×H110mm(取っ手、ツマミ含む)、容量約200ml
大…W170×D90×H120mm(取っ手、ツマミ含む)、容量約350ml
素材    木(ナツメ)
注文番号 タイトル (定価)販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
SK_049_200 小 / 200ml (¥3,000) ¥1,980
入荷待ち 入荷待ち
SK_049_300 大 / 300ml (¥3,200) ¥2,400
在庫有り
2018-12-07 | Posted in 食器・食卓まわり, ONLINE-SHOPComments Closed 

関連記事